使用可能稼働率

のページ


使用可能稼働率

をご紹介!


【役立つ!!情報処理用語!!】

当サイトでは、情報処理の用語についてご紹介しております。コンピューター社会では、教育・生活・仕事、等など
あらゆる分野において情報処理と、切っても切れない社会となっております。そのため情報処理の用語も
インターネットの急激な普及に伴い、毎日の生活の中に存在するようになり、分からなくては社会に取り残される
環境となっております。是非当サイトの用語集をお役立て頂ければ幸いです。近年、技術の進化や発展が急激に
進んでいるため、それに合わせた用語もたくさん生まれております。従って情報処理用語も増えてきておりますので、
全ての用語をご紹介することは困難ではありますができる限りまとめてみました。特に情報処理資格の取得に
頑張っておられる皆様に当サイト「情報処理用語集」を、お役立て頂きたく思います。


スポンサードリンク

Index 「A・し」の用語集 >

使用可能稼働率



 使用可能稼働率とは?

Availability(使用可能度)は、コンピュータ側から見た場合の実際に使用する稼働率を

示したものです。つまり人間がコンピュータを使用しない時間でも、コンピュータに電源が

供給されていれば、機械内の何かが稼動しています。またコンピュータを使う側のユーザーが

本来の目的の業務を遂行するため以外に係る保守・点検や新たな改良・改善に係る

時間帯などの時間も換算して割り出した稼動時間を数字にしたものです。

稼働率の計算方法(定義:情報処理用語辞典より)
(使用可能機械時間−保守・事故修復時間−技術改良時間)/使用可能機械時間=稼働率


スポンサードリンク







Copyright 役立つ!!情報処理用語 All Rights Reserved