補助記憶装置

のページ


補助記憶装置

をご紹介!


【役立つ!!情報処理用語!!】

当サイトでは、情報処理の用語についてご紹介しております。コンピューター社会では、教育・生活・仕事、等など
あらゆる分野において情報処理と、切っても切れない社会となっております。そのため情報処理の用語も
インターネットの急激な普及に伴い、毎日の生活の中に存在するようになり、分からなくては社会に取り残される
環境となっております。是非当サイトの用語集をお役立て頂ければ幸いです。近年、技術の進化や発展が急激に
進んでいるため、それに合わせた用語もたくさん生まれております。従って情報処理用語も増えてきておりますので、
全ての用語をご紹介することは困難ではありますができる限りまとめてみました。特に情報処理資格の取得に
頑張っておられる皆様に当サイト「情報処理用語集」を、お役立て頂きたく思います。


スポンサードリンク

Index 「A・ほ」の用語集 >

補助記憶装置



 補助記憶装置とは?

Auxiliary storage(補助記憶装置)は、メインとなるコンピュータシステム以外に備え付ける

記憶装置のことです。つまり本来コンピューター内部に搭載されているRAMなどのメモリーを

拡張子し、データー量をたくさん扱えるようにするための外部から取り付ける装置のことです。

通常RAMなどのコンピューター回路に直結しているメモリーは高速処理が可能ですが、

それ以外の昔からある装置として、磁気ドラム・磁気ディスク・磁気テープなどがあり、

情報量の保存ではかなりの実績を上げておりましたが、転送速度が遅く、処理に時間を

要するなどの欠点があるため、近年ではハードディスク・CD−RW・DVD−RWなどを

メインとするコンピューターが普及されています。特にハードディスクはその他の装置での

応用がされており、近年もっとも普及された記憶装置と言っても過言ではないと思います。


スポンサードリンク







Copyright 役立つ!!情報処理用語 All Rights Reserved