チャネル

のページ


チャネル

をご紹介!


【役立つ!!情報処理用語!!】

当サイトでは、情報処理の用語についてご紹介しております。コンピューター社会では、教育・生活・仕事、等など
あらゆる分野において情報処理と、切っても切れない社会となっております。そのため情報処理の用語も
インターネットの急激な普及に伴い、毎日の生活の中に存在するようになり、分からなくては社会に取り残される
環境となっております。是非当サイトの用語集をお役立て頂ければ幸いです。近年、技術の進化や発展が急激に
進んでいるため、それに合わせた用語もたくさん生まれております。従って情報処理用語も増えてきておりますので、
全ての用語をご紹介することは困難ではありますができる限りまとめてみました。特に情報処理資格の取得に
頑張っておられる皆様に当サイト「情報処理用語集」を、お役立て頂きたく思います。


スポンサードリンク

Index 「C・ち」の用語集 >

チャネル



 チャネルとは?

Cannel(チャネル)は、コンピュータを効率よく利用しようとすると問題になるのが、演算と

入出力動作の時間的なアンバランスですが、CPUの処理速度に対して、入出力動作は一般

に機械的な動作を伴うため、千倍から一万倍遅いと言われます。また、人間が入力動作を

行なう次官はさらに十倍から百倍遅いです。このため、CPUがプログラムを実行する途中

で入出力命令があるとき、その入出力動作の開始から完了までの間、CPUは完全に遊んで

しまいます。その空き時間を有効に使う方法として、多重プログラミングと呼ばれる方法が

あります。これは主記憶装置にいくつかのプログラムを格納しておき、1つのプログラムA

が入出力動作の完了を待つ間、別のプログラムを次々と実行させ、先の入出力動作が完了

したとき、その完了を待っていたプログラムAを再び実行します。これを実現するためには

CPUと機能的に独立し、入出力動作をCPUの動作と並行して行なうことができる装置が

必要となります。この装置がチャネル(装置)であります。


スポンサードリンク







Copyright 役立つ!!情報処理用語 All Rights Reserved