グラフィックディスプレイ

のページ


グラフィックディスプレイ

をご紹介!


【役立つ!!情報処理用語!!】

当サイトでは、情報処理の用語についてご紹介しております。コンピューター社会では、教育・生活・仕事、等など
あらゆる分野において情報処理と、切っても切れない社会となっております。そのため情報処理の用語も
インターネットの急激な普及に伴い、毎日の生活の中に存在するようになり、分からなくては社会に取り残される
環境となっております。是非当サイトの用語集をお役立て頂ければ幸いです。近年、技術の進化や発展が急激に
進んでいるため、それに合わせた用語もたくさん生まれております。従って情報処理用語も増えてきておりますので、
全ての用語をご紹介することは困難ではありますができる限りまとめてみました。特に情報処理資格の取得に
頑張っておられる皆様に当サイト「情報処理用語集」を、お役立て頂きたく思います。


スポンサードリンク

Index 「G・く」の用語集 >

グラフィックディスプレイ



 グラフィックディスプレイとは?

graphic display(グラフィックディスプレイ)とは、CAD/CAM分野・ビジネスグラフィック

など広い分野で利用されるようになったディスプレーです。グラフィックディスプレ装置には

ランダムスキャン・ストレージ・ラスタスキャンなど多くの方式がありますが、最近では、

高品質・カラー・濃薄などの機能的に優れたラスタスキャン方式のグラフィックディスプレー

装置が一時期主流となりました。この装置は、ディスプレー装置のもつ機能に加えてベクトル

発生器をもち、座標(X,Y)とこう配を与え、画面に線分を表示します。この基本機能を

使用し、円・円弧・多角形の面塗り機能を具備する装置が多く、さらに三次元表示・図形の

回転・拡大・縮小などを有する装置でもあります。現在では専用のグラフィックディスプレイ

でなくとも普通にハイレベルの表示機器を低コストで購入することができるようになりました。

また、外国に製造拠点を移す企業が増えたために低コスト・低電力の液晶ディスプレーの

使用が支流となっています。


スポンサードリンク







Copyright 役立つ!!情報処理用語 All Rights Reserved